Copyright © 2014 宮古島環境クラブ(MEC) All Rights Reserved  

宮古島の自然と環境と生物たち

宮古島は森も川もなく水辺に乏しいと思われがちですが、添道​(そえどう)集落裏のサガリバナ群落や池間島の湿原、大野山林などに見られるように、豊かな自然が数多く残っていることがわかっています。宮古島環境クラブでは、宮古島特有の動植物と水環境の保全回復を地域のみなさんとともに考え、宮古島の貴重な自然を残すために活動の輪の拡大と、各分野への発信をしていきたいと思っています。

宮古島の植物
Show More
宮古島の動物
Show More
ヒルギダマシ

マングローブの一種。宮古島はヒルギダマシの世界分布北限に近く、日本では北限であった。今は沖縄本島にも持ち込まれ、中城湾一帯で生育域を広げている。葉の裏にキラキラした塩粒が見られ、なめるとしょっぱい。南国では栄養価の高い家畜の飼料として、薪などの燃料として重要な植物資源になっている。